スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

sweet pain - マタアイマショウ - 




ボクは妖精
キミの魔法で生まれた
誰にも見えない
キミ一人を除いて

キミの涙が
一万回流れたとき
ボクは生まれた
キミを守るためだけに

キミは前より
笑うことが増えた
笑顔をたくさん
ボクに見せてくれた

けれど一人でこっそり
流す涙の数は変わらずに…

さびしくなんてない
ただ怖いだけ
不安が他人より
少し多いだけ

「自殺願望もステータスだよ。」

キミは一人で笑う
ボクに背を向けて


月日は流れ
強くなるキミの魔法
キミとボクだけの
時間は長くなる

キミの涙が
三万回流れたとき
キミの心が
音を立て壊れ始めた

「元気を出して…?」
キミの顔を覗いて
ボクは何度も
キミに呼びかけたけど

「今は一人で居たいから…
 さよなら…もうここには居ないで…。」

苦しくなんてない
ただ怖いだけ
世界が他人より
少し狭いだけ

「生きる理由なんてどこにあるのかな…?」

キミは一人で泣く
ボクも泣いていた


時代はめぐり
キミの魔法は弱くなる
ボクの姿も
少しずつ消えてゆく

キミの涙が
十万回流れたとき
ボクの存在は
とうとう消えてしまった…

最後に一つ
キミに勇気をあげよう
ボクの魔法で
受け取ってくれるかな…?

これでもう本当に
キミとさよならしなくちゃいけない…

さびしくなんてない
ただ怖いだけ
不安が他人より
少し多いだけ

これからもキミを陰で見ているよ

キミは一人で生きるわけではないから

キミは見えなくなったボクに手を振って…

スポンサーサイト

[2008/08/31 21:58] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。