スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

wiki 




私をそこに
連れて行っては
くれないですか

「君にその資格が
 あるようには
 見えないのだけれど。」

不満が膨らんで
破裂しそうで
塞ぎ込んで

(また)
ありもしない空想を
作り出してしまうのだなあ

愛しています
他の誰よりも
他の何よりも

ココロに「心」は
こもっていない様だ
篭って 居ないようだ


誰かいますか
答えはありますか
いりますか

「肩の力を抜いて
 今まで描いてきた絵を
 すべて破ればいい。」


恨んでいます
他の誰よりも
他の何よりも

コトバで「言葉」は
悲しんでしまうのかな
死んでしまうのかな


こわいよ




スポンサーサイト

[2013/04/27 01:56] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

僕達は最低 




否定するって言うなら
君自身はどうなの?
綺麗事 言うなら
誰にだってできるだろう

僕達は最低です
傲慢な生物です
見るからに劣悪です
でもそれが正体です

そんな風になるまで
何を学んできたの?
大人にもなって
子供に言わせるなよ

僕達は最低です
低俗な生物です
見るに耐えない醜態です
でもそれが正体です

「偉い」のはいいけど
「偉そう」にしてるんじゃない?
地位 名誉 愛 金
ゴミクズに見えるぜ

僕達は最低です
滑稽な生物です
手に負えない変態です
でもそれが正体です

負け犬の遠吠えです
臆病な生物です
冷笑で十分です
ただこれが正体です

僕達の本性です
[2013/03/16 22:43] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

『図書館とジオラマ』 




知ってしまった事が 多すぎて
知りたい事は なくなった
右隣で 本を読む 君の
左隣で 少女は
何を思う?

他人に 教わるのが 嫌いで
知りたい事は 自分で調べた
自分で全部 知った気になって
誰かの真似を していただけだった

もうすぐ 夕焼けのチャイムが
私を さみしく させるから

とりとめのない この思いを
まとめてくれるのは『文字の魔法』?
右隣で 本を読む 君の
左隣の 少女は
どこへ行くの?

帰る場所が「ひとり」なら
このまま その隙間に 隠れていよう
いつか 君や 他の誰かが
私を 見つけてくれるかもしれないから

窓越しに響く 鳥の声や
切れかけた 蛍光灯の まばたきや
少しカビくさい そのにおいは
夢の中に いるようで

知ってしまった事が 多すぎて
知りたい事は なくなった
右隣で 本を読む 君の
左隣の 少女は
もういない

本を読む 君の
隣の 少女は
帰ったのだ
[2013/03/16 22:41] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

F。 





何と戦ってるんだか
ねぇ? その傷はいつ作ったの
「見えない敵に 昨晩『ちょっと』ね。」
『ちょっと』 って傷じゃないだろう
「会いたくなった、君の笑顔に。」
ほらまた 悲しい顔で言うから
また 会えなくなるんだよ

死にたくないから 生きる
野良猫のように
「毒されたいのかい?」 
悪い冗句を 織り交ぜて
時計の針を 喉に突きつけるのは
冗談でも やめて欲しいんだ
そう何でも 誤魔化さないでよ

「何も欲しがらないのはね
 欲が無いわけじゃなくて、
 欲に塗れた 無力な掌を
 縛り付けてるだけ。」
『一緒にどうだい? 気持ちいいことシよう。』
心にも無い事を 言うから
心を 失くすんだよ

知りたくないから 塞いだ
耳は 飾りになって
歪んだ声が
胸に 突き刺さるよ
模型の部屋で 首を吊る前に
冗談でも 私を信じて
そう何でも 疑わないでよ

「『信じる者が報われる』ような
 簡単な日々じゃ無いでしょう。」
それでもいいと 思っているんだ
また 君と会えるなら



[2012/10/23 22:26] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

スピンオフ 



誰が見たって 遠回りでも
僕の目には それが一番の近道だから


魚なら 遠回りでも海を行くだろう
鳥なら 遠回りでも空を行くだろう
僕は 遠回りでも不器用なこの道を行く

「選択肢」が 僕らを迷わせるんだ
「可能性」が 僕らを苦しめるんだ
それが無くたって 僕らは生くだろう?
そんなもの無くたって 僕らは自由だろう?


男なら 「格好良さ!」を極めるのだ
女なら 「可愛さ☆」を極めるのだ
僕は 「平凡に、慎ましく、地味に。」を極めるのだ

誰が見たって 損な役回りでも
僕の目には キミが一番の主役だから


ナンバーワンじゃないと いけないかい?
オンリーワンじゃないと つまらないかい?
そうじゃなくたって 僕らは生くだろう
そんなもんじゃない方が 僕らは自由だろう

ボクらしいだろう?


またひとつ終わって またひとつ新しい物語が 走り出す
『世界中が スピンオフで 溢れていた。』



[2012/07/20 23:07] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

BUG↓ROCK 



あなたって人は 意地悪な人ね
知ってるくせして 知らないふりして
甘い蜜の味 快楽の×××
思い出すだけで 吐き気がするのよ

どこかに落としてきた ストーリー
知らなければよかった グローリー


最終回だけ いつも見逃してる
最上階だけ 人で溢れかえってる
「最近どうだね?」「上手くやり過ごしてる。」
才女の遠吠え ほら響き渡ってる?

どこかに落としてきた ストーリー
知らなければよかった グローリー

あなたって人は 意地悪な虫ね



[2012/07/17 10:23] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

楽団ひとり 




どうもお久しぶりです
前に会った時は
今とは違う形でしたが
僕のこと覚えていますか?

ドラマーの彼は
事故に遭いまして
今ではもうピンピンしてますが
手も足も動かないのです

ベーシストの彼は
鬱になってしまいまして
今はどこで何をしているのか
誰にも分からないのです

さあライブを始めるよ
楽団ひとり
ついででもいいから
聴いていってよ


ギタリストの彼女とは
喧嘩をしちゃいまして
お互いに意地を張っていて
今もなお 絶縁中です

キーボードの彼女は
ついに結婚しまして
今はもうバンドどころではなく
アメリカで幸せに暮らしてます

さあライブを始めるよ
楽団ひとり
暇つぶしでもいいから
聴いていってよ


ひとりでコーラスもしちゃうよ
曲も作るし 歌詞も書いちゃうよ

モテたいとか 売れたいとか
そんな気は微塵も無くて
ただ自分ための
応援歌を歌っていたくて
それが誰かのための
応援歌でありますようにと
ちょっと期待したりして…

さあライブを始めるよ
楽団ひとり
ついででもいいから
聴いていってよ

暇つぶしでもいいから
聴いていってよ

忘れてもいいから
聴いていってよ



[2012/05/11 01:36] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

LAST LIFE 




どこに行ってたの?
ひとりにしないでよ ミニー
君がいてくれたら
それだけで私は ハッピー

夢があるからね
夢を見たからね
大人には見えない 不思議なチカラで

誰かが捨てた 悲しい言葉で
作ったペンダント いくつもつけて


何を見てきたの?
ひとつ残らず話してよ ミニー
君が消えてから
私のココロは少し アンハッピー

あきらめるからね
あきらめるけどね
もう二度と見れない 不思議なチカラで

内緒にため込んだ 悲しい言葉で
作ったペンダント いくつもつけて


誰かが捨てた 悲しい言葉は
やっぱり悲しいね
内緒にため込んだ 悲しい言葉は
内緒にしておくよ あと少しだけ




[2012/03/04 15:56] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

LOAD 




弱さを見せないことが 君の弱さで
震えを誤魔化すために おどけている
oh... バラしていいよ
oh... 壊していいよ

口数が少なくなって 人との距離が
少しずつ遠くなるのを感じていた
oh... もう休んでいいよ
oh... 後悔しないから

そして選んだ道が ヌカルミなら
そのドロにまみれて 遊べばいい
「届かない」のは 僕もそうだから


回り道も 遠回りも 行き止まりも
どこにも行けないよりは まだいいかな
oh... 迷子になって
oh... 初めての朝

誰も側に居ない事が 頼りなくて
誰かの側に居たいと願った こどものように
oh... そうやって僕らは
oh... 大袈裟になってゆく

そして選んだ道が 幻なら
それを自分の未知で なぞればいい
分からなくても 別にいいんだから


逃げてばかりの僕が
逃げてばかりの君が
逃げてばかりの夢に
追いつく日は「いつだって」


そんな僕らの日々の ため息なんて
「苦いなぁ」って飲み込んで 笑ってしまえ
そんな僕らの日々の 強がりなんて
「下手くそ」って吐き出して 無いてしまえ
「叶わない」のも 「届かない」のも
夢でいいじゃない



[2012/03/01 23:37] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

どうよぉ?憎悪さん? 



憎悪さん 憎悪さん
お話長いのね
今日も夜まで続くのよ

憎悪さん 憎悪さん
鼻息荒いのね
今日も朝まで喚くのね

冷めたプライドで
馴染めなくなった
この場所で過ごした

笑ったフリした

憎悪さん 雑音サウンド
片腹痛いのね
「どうぞ、ご自由に。」
じゃないのよ

so long バイバイ
さよーならー (^^)/~~~


[2012/01/24 01:33] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

cobby heads rounder 




顔色ばかり気にしてる
僕は cobby heads rounder
自分が不幸せだって
みんなが幸せならばいいと思った

ゴミみたいに転がってる
僕は cobby heads rounder
ゴミみたいに蹴飛ばされて
遊ばれてればいいと思った

ちょっと苦しいくらいで
死にたいと思うなんて
バカな事だと思った
でもちょっと苦しみが増えすぎて
息抜きを忘れすぎて
バカになりそうだ

黄色い線の外側で
電車を待ってる僕に
一歩を踏み出す勇気をくれないか
高層ビルの屋上で
足をぶら下げてる僕に
一歩を踏み出す勇気をくれないか


居ても居なくても変わらない
僕は cobby heads rounder
人に迷惑かけまいと
気配を消して生きるんだ

毎日が失敗ばかり
僕は cobby heads rounder
本当は上手くやれるって
勘違いしてしまいそうだ

ちょっと苦しいくらいで
胸の奥が痛くなって
今日も上手くいかない
それがまた『苦しみの種』になって
喉に引っ掛かって
息が止まりそうだ


一瞬で消えてしまう幸せなんて
あっても悲しくなるだけだから
全部飲み込んでもまだ足りない悲しみに
慣れてしまった方がまだいいと思った

『苦しみの種』から綺麗な花は咲かないけど
それを土に還して 僕が花になるんだ


黄色い線の内側で
電車を待ってる僕は
少しでも違う明日を夢見ていて
高層ビルの屋上で
月を待ち惚けてる僕は
泣いていたけれど
心は笑ってた


悲しい歌を歌うのは
悲しい歌が好きだから

一人ぼっちで生きるのは
一人ぼっちが好きだから

でもたまには会いに行くよ
君といるのも好きだから

変わらない僕を叱ってよ
変われない僕を許してよ


僕は cobby heads rounder


[2011/12/08 16:40] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

なければ 



私がいなければ あの子は
あの学校に行けたのに
私がいなければ あの人は
恋を壊さずに済んだのに

私がいなければ あの子には
無限大の可能性があったのに
私がいなければ あの人には
果てない未来が続いていたのに・・・


この震えが無ければ
見えなかった事ばかり
この心がいつの日か
いつかの私に届くように

いつかのあなたを
勇気づけられるように


「顔上げて?」

「・・・顔上げて。」

「少しずつ。」

「・・・少しずつ。」


[2011/10/31 02:21] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

special day 




花にだって
花じゃない時があった
蝶にだって
蝶じゃない時があった
ママにだって
ママじゃない時があった
あたしにだって
あたしじゃない時が

水溜りに映る空から
そんな風に奇跡はたまに
降って来て良くも悪くも
毎日は飽きない

頭が悪くなっていくのは
悪い事じゃなくて
それはそれでアートチックに
なれるってことで


今日にだって
今日じゃない時はあった
明日にだって
明日じゃない時は来るよ
誰にだって
ダメダメな時はあるんだ
君にだって
特別な日は待ち構えているんだ

土砂降りの雨を浴びたら
少しだけ素直になった
野良猫と一緒に行こう
アドベンチャーへ

喜びが減ってゆくのは
悪い事じゃなくて
それはそれで今がもっと
愛おしく感じられるでしょう
悲しみを知ってゆくのは
悪い事じゃなくて
悪いのはそれのせいにして
何もしないことでしょ?




[2011/10/22 16:04] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

現地解散 




僕達は最初から
飛ばし過ぎて
冷めた訳じゃないけれど
自然体に戻ったとき
それがまるで
シラケているようで
そんでもって解散した。



[2011/09/23 23:21] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

憂鬱リトルラバー 




溢れ返る"真実"が
"嘘"に見えて困るよ
「知らなきゃいけないことを
僕はどれだけ知ってるの…?」

ガンバルコト 忘れそうな
色の褪せた この世界で


知恵熱が出てしまうよ
拗らせて <<死にたくないな>>

君の声が 僕の声が
重なるなら まだ打つ手は
いくらでもあるさ


高い空を 越えてゆこう、
深い海を 潜ってゆこう。

憂鬱から得た絵の具で
色付けてく この世界を

[2011/08/29 22:34] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

心が狭いの歌 




太陽は月じゃないから
暗闇の怖さを知らない
月は太陽じゃないから
昼間の残酷さを知らない

たとえば線路の上で
電車が泣いていても
町は知らんぷり

彼があの子を
罵るから
あの子の心は また…

狭くて息ができなくて
狭くないと生きられなくて

「大丈夫」も
「許して」も
「頑張って」も
「泣かないで」も
「味方だよ」も
「疲れました」も
「ごめんなさい」も

 言いたくないよ
(言えなくなって ごめん)


太陽は月じゃないから
昼間の残酷さは もう捨ててしまいました
月は太陽じゃないから
暗闇の怖さは もう忘れてしまいました

たとえば海の底で
船が眠っていても
町はうわのそら

あの子が彼を
思い出すたび
あの子の心は 少しずつ…

狭くて潰れた腕をのばして
狭くないと消えちゃいそうで

「元気です」も
「さよなら」も
「頑張りすぎないで」も
「笑って」も
「愛してる」も
「誰か助けて」も
「ごめんなさい」も

 伝えたくないよ
(伝えられなくて ごめん)



 太陽は月じゃないから
(君は僕じゃないから…)
 月は太陽じゃないから
(僕は君じゃないから…)


[2011/06/07 23:52] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

机上のクローン 




また僕らは 他人の悪口で
盛り上がるんだ

「夢は叶う。」 なんて甘い夢に
寝ても覚めても うなされているよ
朝が来ない 長い長い闇に
消えてなくなる 儚い星を見たんだ

もう何度だって くだらないことで
心は死んだ
それでも 身体は動いていて
君を探した


また僕らは 他人の悪口で
盛り上がるんだ

「誰かのために。」と 大口を叩く
口先だけ達者な僕がいるよ
自虐的は ただの自己防衛
傷つけられる前に 傷を作るんだ

もう何度だって 終わりにしようって
独りで言った
誰にも聞かれないように
聞かれるように


また僕らは 他人の悪口で
盛り上がるんだ
きっと僕も 僕のいない所で
その悲しい役目を果たしているんだ



また僕らは 小さな痛みを

大袈裟にするけどね

[2011/03/25 23:56] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

見れるなら 




君が一番 大事にしてる物を
僕が壊してあげるよ
何かに縛られるように
つらい顔してるからさ

そしたら君は大声で
大粒の涙 流して 泣きじゃくるだろう
僕を恨んでいいよ
君の笑顔が 見れるなら


[2011/03/25 23:54] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

point! point! point! point! 




風邪気味のアタシ
やたら人恋しい
まさにこの容姿
見事な泣き虫
擦りむいた拳
青くなってるし
「心 いと狭し」
人に言われたし

point! point!
これも経験値
point! point!
空回り上等
point! point!
育ってゆくんだ



マガジンの表紙
草食系男子
穢れなき魂
誇るだけ空しい
脳内の彼氏
強引で優しい
思考回路停止
さらば穀潰し

point! point!
これも通過儀礼
point! point!
ゲシュタルト崩壊
point! point!
奪ってゆくんだ


Can you hear the voice?



[2011/01/18 23:35] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

退化と改心 




僕は生きている
誰の為でもなく
語ることもなく
抱えるものもなくて


前を向いてても
心は後ろ向き
歌うことだけが
僕の生きた証さ

君の為に生きてやる
君の夢を叶えてやる
そんな重苦しいこと言わない
考えてはいるけれど…


僕は生きている
誰のせいでもなく
手に入れた罪を
滅ぼすためのように ね


対価と会心?
退化と改心。
対価と会心!
退化と改心?
対価と会心。
退化と改心!

まだまだ ぼくは しねんよ


終わりのない世界でも
終わりのある命でも
そんな悲しいことは言わせない
君の口からは


君の為に生きてやる
君の夢を叶えてやる
そんな重苦しいこと言わない
考えたこともない









(そう言っておくよ)



[2010/12/13 17:26] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラビット リビン 




遠くの声を聞いた
長い“2本の耳”で
すぐに後悔した
「知りたくなかったなぁ…。」と

努力家のカメに
かけっこで負けて
自分が大嫌いになった

もっと もっと もっと速く
ずっと ずっと ずっと高い所まで
行けると思ったのに


気付いた時には もう
見知らぬウサ(ひと)ばかりで
ヘルプミ→ なんてこと
言えるはずありません。。

努力家ウサギの
フリして歌う
自分に愛想尽かして

もっと もっと もっと速く
ずっと ずっと ずっと高い所まで
行けると思ったのに
きっと それは ボクの夢で
ちょっと パッと あっという間に醒めて
あまりに あっけなくて

意外と そんなもので


[2010/08/24 23:23] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

×××× 




いつだって本気なんだ
見えないかもしれないけど

いつだって本気なんだ
「できないよ」って笑うけど


何が起きたって受け入れるんだ
広い心の持ち主ぶって

何が起きたって受け入れるんだ
脆い心を隠したいから


優柔不断に生きてくんだ
それだけは譲れないかも

優柔不断に生きてくんだ
「呆れた」って嫌われちゃうね


結局 叶わないものなら
全部 捨てたい
夢も 未来も 思い出も
それでいいの かな


痛いくらいに解ってるんだ
自分を騙し続けてること

痛いくらいに解ってるんだ
間違えばかり選んでること


結局 傷つけ合うものなら
全部 いらない
家族も 友情も 恋人も
それでいいよ もう


(全く笑えないジョークだね)


せめて
考える時間をください
悩む時間を奪わないでください
憂鬱に浸る時間も
私にとっては大切な時間なんです


いつだって本気なんだ
見えないかもしれないけど

いつだって本気なんだ
「できないよ」って笑うけど

笑わないでね


[2010/07/23 02:37] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナニサマ デスカー? 




どちら様ですか?
下品な声で
楽しそうに
悪口と猥談

コミュニケーション
罵倒と体罰
上辺だけの愛が
重い槍のつもり?

女より 男のが
子供より 大人のが
偉いの? そうなの? 
へー そーなんデスか

ナニサマ デスカー?
賢いのに 強いのに
かっこいいのに
もったいないねー 可哀想だねー
ほら 怒らないで 怖いよ 泣いちゃうよ…

Choke the sky tell on vocals!


どちら様ですか?
散々愚痴って
喚いた挙句
『私が悪いの。』

デスぺレート
お涙頂戴
はいはい 分かった
「アナタは悪くない。」

男より 女のが
大人より 子供のが
偉いの そうなの?
へー そーなんデスか

ナニサマ デスカー?
裕福なのに 自由なのに
かわいいのに
もったいないねー 可哀想だねー
ほら 怒らないで 怖いよ 泣いちゃうよ…

ナニサマ デスカー?
賢ぶって 自由ぶって
猫かぶって
みっともないねー 可哀想だねー
ほら またキレるの? スゴイね 尊敬しちゃうよ…

Choke the sky tell on vocals!
All in vocals!

(Achoo!)


[2010/06/10 20:39] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

fool's basket 




同情という名の罠に
嵌って 足がもげた
皮肉という名の下で
枯れていった人がいた

規則を守ったせいで
孤独になった
世界には逆らわないけど
気分は いつも反逆者

Billy Jane... kimi ha
bokuno yo-ni naranaide
その狂暴な牙で
無神経に生き延びて 行け


何億年の歴史も
僕にとっては 意味が無い
何十年の歴史も
僕にとって 息苦しい

約束を守ったせいで
病気になった
狭い部屋 逃げ出さないから
一つしか無い窓を 壊して 舐めて

Billy Jane... kimi ha
bokuno yo-ni naranaide
その冷め切った視線に
映る世界を生き抜いて 行け

向かいの屋上から
また一人 落ちて生く
いらなくなった命を
無駄にするくらいなら
全部 ボクニクレ、


[2010/04/24 20:42] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

clone clown 




嫌んなっちゃうくらいなら
やんなくたっていい
世界は 君が思うほど
意地悪じゃない

病んじゃって 痛むんなら
テキトーでいい
僕等は 君が思うほど
残酷じゃない

その想像力で
憂鬱を殴っちゃえよ^^

悪い子になろう
何かもう ダメな時は さぁ
そんな感じで 乗り越えて
そんで いい子に戻ろう


こんな歌 聴くくらいなら
自分の詩 歌っちゃえよ
どこまでもマイナスで
限りなくプラスな君の詩を
聴かせて欲しいなぁ

悪い子になろう
何かもう アレな時は ねぇ
そんな感じで 乗りきって
そんで いい子に戻ろう

そんな感じでイっちゃって
そんで いい子に戻ろう


君は実に真面目だにゃ


[2010/03/26 00:21] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

fiction day 




僕ら360°別々の方向へ

似た者同士だから
君の考えてる事が分かった
でも 僕らは似ていても
やっぱり違うから
もうここで バラバラになろう

そんな fiction day
あり得ないことだよ
これからもずっと
ずっと一緒にいよう

そんな fictionで…


僕ら720°別々の方向へ

傷いてしまった
大切な君を
気付いてしまった
最低な僕に

そんな fiction day
怖がらないでいいよ
これからもずっと
ずっと一緒にいよう

そんな fictionで…


僕ら1080°別々の方向へ
そんな fictionで
僕ら1440°別々の方向へ
そんな fictionで
僕ら1620°別々の方向へ
そんな fiction day...



[2010/03/21 16:32] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンデルラ 




叶わない夢ばかりを見てる
僕らは 偽物のシンデレラ
嫌いなものを 全て捨てたら
空っぽになって 笑える

魔法も奇跡も無い物語(せかい)で
何を信じればいいというんだ
一匹狼になりきれない
ちっぽけな 一匹ウサギ

真夜中 十二時を過ぎた時
溢れ出る この涙は何?

ひとりぼっちが
一番楽だ なんて
嘘だった


ガラスの心を落としてきた
「僕は弱い。」と 言わんばかりに
誰かが見つけてくれるなんて
身勝手な理想 描いて

神様 あなたは敵ですか?
逃げ惑う程 僕らはまだ
人間(ひと)ができてない

つまりは
悩んでたって
いいのさ


破れたページに書かれた
残酷な文字は
見なかったことにして

僕は笑うよ 辛い時こそ
それが シンデルラだから


[2010/02/23 00:33] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

doggy maggie 




世界で一番 不幸なキミに
世界で一番 恋をしてる
なんて きっと 勘違い…

世界で一番 無謀な恋は
世界で一番 残酷かもね
なんて ずっと 後退り…

言えない言葉だらけ
聞けない秘密だらけ

恋なんてしたくない
臆病になるだけじゃん
思わせぶりな その態度
期待した私が馬鹿みたいじゃん
じゃん!


世界で一番 美味しいチョコレート
世界で一番 上手く作れるよ
いつか きっと あげるから…


言えない言葉だらけ
聞けない秘密だらけ
見せたい気持ちだらけ
恥ずかしい気持ちだらけ

恋なんてしたくない
ぎこちなくなるだけじゃん
このまま片想い
続けてちゃダメですか…?

恋なんてしたくない!
恋なんてしたくない!!
恋なんてしたくない!!!
ただキミの隣に居たいだけなんだよ…


[2010/01/23 10:36] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

I.F. 




一つの身体に 二つの心はいらない
二つの身体があっても 心は一つでいい

楽しむこと 喜びを
感じるのは いつも僕の方なのに
悲しむこと 痛みを
感じるのは いつも君の方だから…

僕から逃げられない 君は幸せだって言う
君から逃げられない 僕は幸せなんだろうか


一つの身体に 二つの傷があって
二つとも君が 受けた傷だった

迷いや 未練を
すべて君のせいにして
笑ってる 笑ってた
僕が君の傷だった…

人の優しさに触れて 心揺らぐ僕は
君に優しくない 僕を情けないと思う

僕から逃げられない 君は幸せだって言う
ここから逃げ出さない 僕も幸せなんだろう


[2009/12/13 13:52] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

zany mustang girls band 




ネガティブの上昇スキル
劣等感で生きる
センシティブな妄想スキル
あわわわ…

買ってでもしたい 若いうちの苦労
跳ねたスカートから 見え隠れする黒

そんな感じで こんな感じで
頑張っておどけてみるの

昨日飲んだ 毒も全部
こっそり吐き出してしまうの


ネイティブな発音スキル
that's my pride I wanna kill
チープな演奏スキル
あちゃちゃちゃ…

奪ってでも欲しい なけなしのセンス
熟れた果実から 溢れ出すジュース

一口だけ 二口だけ
興味本位で飲み干すの

後で後悔するって きっと
分かってたんだなぁ


頭の中の アタシ2号
ヘコんでる私をなぐさめて
心の中の アタシ3号と4号と5号の
暴走を止めて!

ネガティブの上昇スキル
劣等感で生きる
センシティブな妄想スキル
ちょっとくらい休ませてよ

笑ってるから

笑ってるから。。。。


[2009/11/23 05:06] 音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。